赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック

 Invisalign

インビザラインのデメリット|
赤坂さくら歯科クリニック

インビザラインの
デメリット

患者さん
先生、インビザラインにデメリットはありますか?
院長
はい、インビザラインはどのような方でも適応できる矯正治療ではありません。歯並びの状態を確認したうえで、インビザラインを適応可能かどうか判断させていただいています。

インビザラインで難しい歯並びとは?

患者さん
インビザラインができないのは、どのような場合でしょうか?
院長
一般的にインビザラインが難しいとされているのが、重度の叢生(そうせい)です。元の位置から歯並びが大幅にずれていることが多く、歯を動かさなければいけない距離が大きいため、インビザラインで歯並びを揃えていくのが難しいとされています。
患者さん
叢生って何ですか?
院長
歯がデコボコに生えている状態で、「乱杭歯(らんぐいば)」とも呼ばれています。歯が一列に並びきれずに重なって生えていたり、八重歯になっています。日本人はあごが小さいことから、叢生になりやすい傾向があります。
患者さん
赤坂さくら歯科クリニックでも、やはり難しい事例なのでしょうか?
院長
当クリニックは、矯正治療の専門医と審美歯科の専門医がお口の状態と歯並びをしっかり診察します。他院で難しいと言われてしまったケースでも、実はインビザラインが可能な場合があったり、インビザラインとワイヤー矯正の組み合わせで、歯並びを整えていくことができたりします。まずはお気軽にご相談ください。
患者さん
他にも適応外のケースはありますか?
院長
顎変形症など骨格から問題がある場合は、外科手術が必要となるケースがあり、インビザラインでの矯正が難しくなります。

インビザラインと抜歯

患者さん
矯正治療では歯を抜くことがあると聞いたのですが、インビザラインも歯を抜かなければいけませんか?
院長
当クリニックでは、できるだけ歯を削らない、歯を抜かない方法で治療を進めていきます。精密検査を行い、歯とあごのバランスや唇の尖出度などを総合的に診断して、歯を抜いたほうが安定する結果につながる場合は、歯を抜く方法をご提案します。

インビザラインが難しいケース

患者さん
他にも、インビザラインを受けることが難しい人はいますか?
院長
重度の歯周病や顎関節症の方、咬合圧の強すぎる方は、インビザラインが難しい場合もあります。このように、誰でもできる矯正治療ではないという点ではデメリットがあるといえるでしょう。

噛み合わせとの関係

患者さん
他にデメリットはありませんか?
院長
噛み合わせの調整が難しいという点です。ワイヤー矯正は細かな噛み合わせの調整ができるのですが、インビザラインはマウスピースが上の歯と下の歯の間に介在するため、細かく調整することが難しいのです。これにより、噛みにくいと感じる噛み合わせになってしまう可能性もあります。
患者さん
噛み合わせが悪くなった場合は、戻せますか?
院長
ワイヤーを組み合わせた矯正治療にすることで、気にならない程度に戻していくことは可能です。

インビザラインの脱着について

患者さん
インビザラインは、長い時間マウスピースを装着しなければいけないと聞きました。1日何時間くらい装着しないといけませんか?
院長
1日22時間以上の装着が推奨されています。最低でも20時間は装着していただきたいです。食事以外は付けておくと考えてくださいね。
患者さん
それは結構大変ですね。
院長
ワイヤーの矯正装置は歯にくっつけてしまうので、自分で付けたり外したりしなくていい分、楽ということもあります。インビザラインは自分で付けたり外したりするため、付け忘れがあったり、慣れないうちは長時間の装着が苦痛に感じてしまうこともあるかもしれません。
患者さん
人が多い場所で付け外しするのは難しいです…。
院長
たしかにそのような理由で、インビザライン矯正を始めるかどうか悩まれる方もいます。味見をしなければいけない仕事をされている方も、「インビザライン矯正だと味見ができない」というお悩みがあるようです。

インビザラインの治療期間

患者さん
インビザラインは、ワイヤー矯正よりも時間がかかると聞いたのですが、本当ですか?
院長
そうですね、昔はワイヤー矯正のほうが早く治療が終わると言われていました。しかし最近では、マウスピースの精度が高くなっていることもあり、ワイヤー装置と同じだけ歯が動いてくれるようにもなってきています。当クリニックの治療期間は、インビザラインもワイヤー矯正もほとんど差がありません
患者さん
インビザラインのデメリットがよくわかりました。
院長
また気になることがあればいつでも相談してくださいね。