赤坂でインビザライン(マウスピース矯正)をお探しの方、
朝7時半から診療の赤坂さくら歯科クリニックへ

インビザライン

インビザライン インビザライン

インビザライン矯正

インビザライン矯正とは

透明の目立たないマウスピースを交換することで歯を動かす矯正治療です。最大の特徴として、目立たない・人に矯正がばれないという特徴があります

短期間で見た目が改善

最短3ヶ月からすることができます。

インビザライン矯正

こんなお悩みを持つ方に
おすすめの治療です

  • 歯の矯正器具が目立つのが苦手な方
  • 虫歯ができやすい方
  • 被せ物がたくさん入っている方
  • 金属アレルギーの方
  • 人との接触の多いスポーツをされている方

当院のインビザラインが
選ばれる理由

日本矯正歯科学会の認定医の小澤先生と、審美歯科のエキスパートの院長土黒が精密な診断と治療計画を立てます

矯正専門の認定医在籍のため、マウスピース矯正中のトラブルや、ワイヤー矯正とマウスピース矯正の混合治療も可能です。

どのような症例でも矯正治療可能

院長が審美歯科のエキスパートであり、矯正歯科とセラミックの混合治療も可能です。できるだけ歯を削らない・抜かない方法を提示いたします

当院のインビザライン

日本矯正歯科学会認定医に
よる初回カウンセリング無料

当院には歯列矯正のエキスパートである認定医が在籍しています。カウンセリングにて丁寧にお悩みをお伺いし、先進の機器による的確な診査・診断のもと、患者さま一人ひとりにぴったりの治療プランをご提案させていただいております。

カウンセリング予約へ

インビザラインの効果は
ドクターの技量で変わります

インビザラインはどの医院でおこなっても同じですか?と聞かれる事がありますが、同じではありません

きちんとした矯正の知識がないままインビザライン治療を開始してしまうと、当初の予定の期間で終わらない、歯が予定通り動いていないなどのトラブルに対応することができません。当院では矯正専門の認定医も在籍しており、そのような心配を極限まで減らすことができています

説明する院長

対応可能な症例

出っ歯・受け口・すきっ歯・ガタガタの歯・前歯が閉じない・中心がずれている・噛み合わせが深いなど様々な症例に対応可能です。他院で断られてしまった方も一度ご相談ください。

不向きなケース、
年齢制限について

不向きなケース

顎変形症など外科処置を伴う矯正には不向きです。

年齢制限

年齢制限はありません。永久歯が生えた後であれば大丈夫です。60歳以上でもインビザラインをされている方もいらっしゃいます

不向きなケース

インビザラインのメリット・
デメリット

メリット

  • 取り外しができるため歯磨きがしやすく虫歯や歯周病になりにくい
  • ワイヤーに比べてほとんど目立たないため審美性に優れる
  • 一度に全部のマウスピースが届くため、通院回数が少ない

デメリット

  • つけていないと全く動かないため患者様の協力度によって期間や仕上がりが変わってくる
  • 食事と歯磨きの度に外す必要性あり

プロフェッショナルに
よる総合矯正治療

院長

赤坂さくら歯科クリニック院長 土黒 さくら

土黒 さくらHijikuro Sakura

略 歴

2014年 鹿児島大学歯学部 卒業
2014年 東京医科歯科大学 臨床研修歯科医
2015年 大型医療法人グループ歯科医院 勤務
2016年 大型医療法人グループ歯科医院 分院長就任
2018年 港区赤坂の歯科医院 勤務
2020年 赤坂さくら歯科クリニック 開院

所属学会等

  • ・日本口腔インプラント学会
  • ・日本歯周病学会
  • ・東京SJCD歯科スタディーグループ
  • ・インビザライン 認定ドクター
  • ・日本顕微鏡歯科学会

研修会等活動実績

2015年 インビザラインコース受講
2018年 ユニバーサルインプラント研究所
インプラント100時間コース受講
2019年 SJCDレギュラーコース受講
2020年 EXDI6ヶ月コース受講

日本矯正歯科学会 認定医

小澤先生

小澤 英里佳Ozawa Erika

略 歴

2014年 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業
東京医科歯科大学歯学部附属病院
総合診療科研修医
2015年 東京医科歯科大学 咬合機能矯正学専攻博士課程入学
東京医科歯科大学歯学部付属病院
レジデント
2019年 東京医科歯科大学
咬合機能矯正学専攻博士課程修了

所属学会等

  • ・日本矯正歯科学会認定医

プロフェッショナルによるカウンセリングを受けませんか?

当院には歯列矯正のエキスパートである認定医が在籍しています。カウンセリングにて丁寧にお悩みをお伺いし、先進の機器による的確な診査・診断のもと、患者さま一人ひとりにぴったりの治療プランをご提案させていただいております。

カウンセリング予約へ

他の矯正治療との違い

※横スクロール

  インビザライン ワイヤー矯正 裏側矯正(ワイヤー)
治療方法 マウスピースを交換 歯の表側に
矯正装置をつける
歯の裏側に
矯正装置をつける
特徴 透明で目立たない
異物感が少ない
装置が見えてしまうが
動きやすい
装置が裏側についているため
目立たない
痛み ワイヤーほどではないが、
マウスピースを交換したその日はに
軽い締めつけ感あり
ワイヤー交換日に軽い痛みが
あるが数日で治ってくる
ワイヤー交換日に軽い痛みが
あるが数日で治ってくる
期間 3~24ヶ月 3~24ヶ月 3~24ヶ月
日常生活のしやすさ つけ外す必要があるが歯磨きしやすい 食事中もつけているため食べ物が
ワイヤーに挟まったりする
食事中もつけているため食べ物が
ワイヤーに挟まったりする
通院回数 2〜3ヶ月に1回 毎月1回 毎月1回

日本矯正歯科学会認定医による初回カウンセリング無料。
まずはお気軽にご相談下さい。

当院には歯列矯正のエキスパートである認定医が在籍しています。カウンセリングにて丁寧にお悩みをお伺いし、先進の機器による的確な診査・診断のもと、患者さま一人ひとりにぴったりの治療プランをご提案させていただいております。

カウンセリング予約へ

インビザラインメニュー

エクスプレスパッケージ
(軽度矯正)

治療期間3ヶ月で治癒完了
治療の特徴軽微な部分矯正、矯正後の後戻り、審美的な改善

インビザライン

インビザライン ライト (中度矯正)

治療期間7ヶ月で治癒完了
治療の特徴 軽度のガタガタ(部分矯正)、審美的な治療、矯正後の後戻り、セラミック矯正の前の全処置として適しています

インビザライン

インビザライン フル (通常矯正)

治療期間1年~2年で治癒完了
治療の特徴どんな症例の方でも適しています。徹底的に綺麗な歯並びを求めたい方にもお勧めです。

インビザライン

どのインビザラインで治療できるのかお気軽にご相談ください

当院には歯列矯正のエキスパートである認定医が在籍しています。カウンセリングにて丁寧にお悩みをお伺いし、患者さま一人ひとりにぴったりのインビザラインをご提案させていただいております。

カウンセリング予約へ

料金について

※料金は全て税込表記となっております

料金表

検査料金55,000円
軽度矯正(エクスプレス) 両顎 220,000円~
片顎 165,000円~
部分矯正(ライト) 396,000円~
月々3,850円
通常矯正(フル)990,000円~
月々7,700円

 

デンタルローン対応

当院ではデンタルローンによる分割払いに対応しております。タブレット操作で申請をすることができ、当日中に審査結果が出ます。

医院写真

デンタルローンについて

  • 3万円から申請が可能
  • 分割回数は最大120回払いまで可能
  • 実質年率4.8〜5.8%
  • その日のうちに審査結果がわかる

※ホワイトニングは適用外となります。

予約から施術の流れ

相談

初回の相談無料
(2回目以降有料)

お電話、もしくはオンライン予約フォームから無料相談にお申し込み下さい。(無料相談30分)

無料相談へ

検査

精密検査(約60分)・
歯形取り
55,000円

必要に応じて、パノラマレントゲン、CT撮影を行い、お口の中の状態を拝見します。他院での検査結果のデータや、治療計画・見積もりなどをお持ちの方は、持参いただいても結構です。

治療開始

治療開始

最初は2週間に一度など来院いただき、マウスピースに慣れてきたら2〜3月のチェックやクリーニングの通院で大丈夫です。

保定

保定
保定装置(マウスピース)
上下55,000円

歯並びが元に戻らないように保定を行います。

よくあるご質問

  • マウスピースをつけたまま色の濃いものを飲んだり食べたりしてしまうと透明のマウスピースに色がついてしまうので外して飲んでください。

  • 特にありませんが、装着時間が短いと歯が動かないので、食事中と歯磨きの時は必ずマウスピースを装着するようにしてください。

  • ありません。マウスピースはごく薄い弾性のあるプラスチックでできているため、装着していてもお口の粘膜を傷つけることはほとんどありません。そのため、ラグビーやサッカーなどの人との接触が多いスポーツでも装着したまま活動することができます。

  • 装置の作り直しになります。基本的に再度の型取りは必要はありませんが、後戻りを防ぐため、なくしたマウスピースの新しいものを装着できるまでは1個前のマウスピースをつけてお過ごしください。

  • 矯正が可能である場合が多いので一度ご相談ください。

  • 必ず歯を抜くとは限りません。精密検査の結果、歯と顎のバランス、唇の突出度等を総合的に診断し、歯を抜いて治療した方が、安定する良い結果が得られ、残りの歯を守ることになると考えられる場合は、その旨をご説明し、ご理解いただいた上で抜歯を行 うこともあります。

  • 固定式の装置の場合、歯磨きは難しくなります。ですので、矯正治療前に、歯磨きの練習や食事の指導を行い、原則的に歯磨きが上手になってから装置をつけて矯正治療を開始します。

インビザラインコラム

「歯並びが悪いことがコンプレックス」とお悩みの方の中には、矯正治療を受けようか迷っている方も少なくないでしょう。歯の矯正治療はワイヤーを使った治療が有名ですが、最近注目されているのがマウスピースを使った矯正です。この記事では、インビザライン矯正についてご紹介いたします。

コラム一覧へ

インビザライン

まとめ

当院には歯列矯正のエキスパートである認定医が在籍しています。カウンセリングにて丁寧にお悩みをお伺いし、先進の機器による的確な診査・診断のもと、患者さま一人ひとりにぴったりの治療プランをご提案させていただいております。

カウンセリング予約へ