赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック

医師監修ブログ 医院コラム

インビザライン矯正中に食事・飲み物をとる際の注意点!食後のケアまで解説

インビザライン矯正中は、マウスピースをつけたまま食事をしてはいけません。

マウスピースを外さない状態で食事をすると、虫歯や歯周病になったりマウスピースが変形したりするからです。

本記事では、インビザライン矯正中の食事について徹底解説しています。

急な飲み会や外食でマウスピースを外せないときはどうしたらいいかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

東京で完成度の高いインビザライン矯正を希望する方には、インビザライン認定医が在籍する赤坂さくら歯科クリニックがおすすめです。

審美歯科のエキスパートである院長と日本矯正歯科学会の認定医の歯科医師が、一人ひとりに最適な治療方法を提案させていただきます。

他院では断られた症例であっても治療可能なため、インビザライン矯正を検討している方はぜひ一度ご相談ください。

インビザライン矯正中も食事は通常通りで問題ない

インビザライン矯正中も、食事内容は通常通りで問題ありません。

食事中は矯正装置のマウスピースを取り外すため、痛みや違和感なく食事をしていただけます。

ただし、マウスピースを装着したまま食事をすると、虫歯や歯周病になったりマウスピースが変形したりする恐れがある点に注意が必要です。

インビザライン矯正中の食事について、詳しく解説します。

食事をする際はマウスピースを外す

インビザライン矯正中に食事をする際は、必ずマウスピースを外しましょう。

マウスピースを装着したままの食事には、次のようなリスクがあるからです。

  • マウスピースが破損する
  • 歯やマウスピースに着色する
  • 虫歯や歯周病のリスクが高まる

食事が終わったら歯磨きをして、すぐにマウスピースを装着しましょう。

インビザライン矯正中は、1日20時間以上マウスピースを装着する必要があるからです。

マウスピースの装着時間が足りないと、治療計画通りに歯が動かなかったり、動いた歯が戻ってしまったりします。

治療が予定通りに進まないと、事前に作っておいたマウスピースが合わなくなる恐れもあるため、装着時間は守りましょう。

しかし、会食や移動などで時間を取られることが多いケースでは、1日20時間以上のマウスピース装着が難しい場合もあります。

装着時間が足りなくても、マウスピースの交換を数日後ろ倒しにすることで調節できるケースもあるため、医師に相談してみましょう。

おやつなどの間食を食べるときも外しておく

インビザライン矯正中は、おやつを食べる際もマウスピースを外す必要があります。

間食のたびにマウスピースを外すことは面倒かもしれませんが、装着したままだと虫歯や歯周病になるリスク、マウスピースが破損するリスクがあるからです。

インビザライン矯正を行った患者様の中には、マウスピースの着脱が面倒なために間食が減り結果的に痩せた方もいます。

おやつを食べる際にマウスピースを外すことが面倒な方は、歯列矯正と同時にダイエットも叶うかもしれません。

食事中に外したマウスピースは必ず専用ケースで保管しておく

食事中に外したマウスピースは、必ず専用ケースに入れて保管しておきましょう。

マウスピースを無造作に置いてしまうと、ホコリが付着したり紛失したりする恐れがあるからです。

マウスピースを紛失した場合、作り直すための追加費用がかかるうえに、治療期間も延びてしまいます。

スムーズに治療を進めるためにも、マウスピースの取り扱いには十分注意しましょう。

食後は必ず歯磨きをしてからマウスピースを装着する

インビザライン矯正中は、食後必ず歯磨きをしてからマウスピースを装着しましょう。

口腔内に食べカスが残っている状態でマウスピースを装着すると、マウスピースの内側に細菌が付着します。

歯に細菌が付着したままの状態は虫歯や歯周病のリスクを高めるため、十分注意が必要です。

万が一虫歯や歯周病になってしまったら、インビザライン矯正を中断して虫歯や歯周病の治療を行わなくてはいけません。

インビザライン矯正中に虫歯や歯周病の治療を行うと、矯正治療の計画が狂い、理想の歯並びにならなくなる恐れがあります。

理想の歯並びを叶えるためにも、インビザライン矯正中は口腔内を清潔な状態で保つよう、とくに意識しましょう。

歯磨きの際に歯間ブラシやデンタルフロスも使用すると、食べカスをしっかりと除去できるためおすすめです。

インビザラインのマウスピースをつけたまま食事をする虫歯や歯周病につながる恐れがある

インビザライン矯正のマウスピースを装着した状態で食事をすると、虫歯や歯周病になる恐れがあります。

マウスピースを装着したまま食事をすると、糖分や食べ物のカスが歯に付着したままの状態になるからです。

通常であれば、口腔内の唾液が歯に付着した糖分や食べ物のカスを洗い流しますが、マウスピースが歯に密着している状態では唾液が歯に届きません。

虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうため、マウスピースを装着したまま食事をしないよう十分注意が必要です。

万が一、担当医師からマウスピースを装着したまま食事をするよう指示された場合は、マウスピースの装着方法を再度確認しましょう。

インビザラインを提供するインビザライン・ジャパンのサイトでも、食事中はマウスピースを外すよう記載されています。

マウスピースを装着したまま食事をするよう指示されることはないため、再度マウスピースの付け方を確認してみてください。

マウスピースが外せない時は硬い食べ物を避けよう

どうしても食事中にマウスピースを外せない事情があるときは、硬い食べ物を避けましょう。

アーモンドやホルモンなどの硬い食べ物を噛むと、マウスピースに負担がかかるからです。

食事中の噛む力は女性で約40kgもありますが、マウスピースの厚さは0.5mmと薄く、繰り返し噛むとマウスピースが破損する恐れがあります

急な外食でどうしてもマウスピースを外せない場合は、柔らかい食べ物を選びましょう。

インビザライン矯正中に飲み物を飲む際の注意

インビザライン矯正中に飲み物を摂る際は、次の点に注意しましょう。

  • 水はマウスピースをつけたまま飲んで良い
  • コーヒーやジュースなどを飲む際はマウスピースを外す
  • 高温の飲み物は避ける

それぞれ詳しく解説します。

水はマウスピースをつけたまま飲んで良い

インビザライン矯正中でも水やお茶や無糖の炭酸水であれば、マウスピースを装着したまま飲んで問題ありません。

水やお茶や無糖の炭酸水は、虫歯の原因になる糖分を含んでいないからです。

ただし、40℃以上の飲み物を摂る場合は、マウスピースを外さなくてはいけません。

コーヒーやジュースなどを飲む際はマウスピースを外す

インビザライン矯正中にコーヒーやジュースなどを飲む際は、必ずマウスピースを外しましょう。

コーヒーやオレンジジュースや赤ワインなどの色の濃い飲み物を摂ると、マウスピースが変色する恐れがあるからです。

飲み物によりマウスピースが変色してしまったら、水で洗い流しても着色が残ってしまいます。

インビザライン矯正で使用するマウスピースは透明で、変色すると目立つ恐れがあるため十分注意が必要です。

万が一、マウスピースを装着したまま色の濃い飲み物を摂ってしまったときは、すぐに水で口をすすぎましょう。

高温の飲み物は避ける

インビザライン矯正中は、マウスピースを装着したまま高温の飲み物を摂らないよう注意しましょう。

マウスピースは熱に弱いプラスチック素材で作られており、変形する恐れがあるからです。

インビザラインを提供するインビザライン・ジャパンのチャット相談では、40℃以上の温水に15分触れると変形の恐れがあると記載されています。

万が一マウスピースが変形してしまうと、冷やしても元の状態に戻ることはありません。

マウスピースが変形すると上手くフィットしなくなり、計画通りに歯を動かせなくなります。

治療をスムーズに進めるためにも、インビザライン矯正中はマウスピースを装着したまま高温の飲み物を摂らないようにしましょう。

失敗しないインビザライン矯正をするなら赤坂さくら歯科クリニックへ

失敗しないインビザライン矯正を希望する方には、インビザライン認定医が在籍する赤坂さくら歯科クリニックがおすすめです。

赤坂さくら歯科クリニックのインビザライン矯正には、次のような特徴があります。

  • 他院で断られた症例でも矯正治療が行える
  • 精密な治療計画を提示できる
  • 知識と経験が豊富な医師が在籍する
  • デンタルローンが利用できる

インビザライン矯正は、医師の技術力により完成度が左右されやすい治療方法です。

赤坂さくら歯科クリニックでは、入念なカウンセリングと精密検査により、一人ひとりに最適なインビザライン治療を提案しています。

完成度の高いインビザライン矯正を希望する方は、ぜひ一度ご相談ください。

赤坂さくら歯科クリニックのインビザライン矯正について、詳しく解説します。

他院で断られた症例でも矯正治療が行える

赤坂さくら歯科クリニックの強みは、他院では断られた症例でも矯正治療を行える点です。

審美歯科のエキスパートである院長と矯正歯科の医師がタッグを組み、精密な診断をもとに矯正治療の計画を立てさせていただきます。

当院では、矯正歯科とセラミックの混合治療も対応可能です。

他院ではインビザライン矯正が難しいと言われた症例であっても、対応させていただくため、ぜひ気軽にご相談ください。

治療では、極力歯を削らない・抜かなくて済む方法を提案しており、自身の歯を維持したまま歯列矯正を行いたい方でも安心です。

精密な治療計画を提示できる

精密な治療計画を提示できる点も、赤坂さくら歯科クリニックのインビザライン矯正の強みです。

マウスピースの型取りには3Dスキャナー「iTero」を使用しており、従来の型取り方法よりも正確な歯型を採取できるようになりました。

粘土のようなものを口腔内に入れる従来の型取り方法と比較して、患者様に負担がかからない点もiTeroのメリットです。

素早く楽にマウスピースの型取りを終えたい方や、より精度の高いインビザライン矯正を希望する方は、ぜひご検討ください。

知識と経験が豊富な医師が在籍する

赤坂さくら歯科クリニックには知識と経験が豊富な医師が在籍しているため、失敗しないインビザライン矯正を希望する方でも安心です。

最先端の治療方法であるインビザライン矯正では、医師の技術力や経験により完成度が左右されます。

赤坂さくら歯科クリニックの医師は歯科矯正のエキスパートのため、患者様一人ひとりの悩みに寄り添い、最適な治療方法を提案可能です。

自身に本当にインビザライン矯正が適しているのかわからない方や、治療に関して不安や疑問がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

デンタルローンが利用できる

赤坂さくら歯科クリニックでインビザライン矯正を受ける際は、デンタルローンによる分割払いをご利用いただけます。

申請可能な金額は3万円〜、分割回数は最大120回、実質年率は2.5〜4.8%です。

デンタルローンの申請はクリニックのタブレットから行え、当日中に審査結果がわかります。

極力早くインビザライン矯正を開始したいものの、費用がネックでお悩みの方は、ぜひデンタルローンをご活用ください。

まとめ

インビザライン矯正中も食事内容は通常通りで問題ありませんが、食事中はマウスピースを外す必要があります。

マウスピースを装着したまま食事をすると、虫歯や歯周病になったりマウスピースが変形したりするため、注意が必要です。

食後にマウスピースを装着する際は、必ず歯磨きを先にしましょう。

歯磨きをせずにマウスピースを装着すると、マウスピースの内側に細菌が付着し、虫歯や歯周病になる恐れがあります。

インビザライン矯正は、医師の技術力や経験により完成度が左右されやすい治療方法です。

東京で失敗しないインビザライン矯正を希望する方には、インビザライン認定医が在籍する赤坂さくら歯科クリニックをおすすめします。

赤坂さくら歯科クリニックでは、入念なカウンセリングと精密検査により、一人ひとりに最適な治療方法を提案可能です。

クリニックは東京メトロ千代田線「赤坂駅」より徒歩30秒で、仕事や用事のついでにでも気軽に通っていただけます。

他院では断られた症例であっても矯正治療が可能なため、インビザライン矯正を検討している方はぜひ一度ご相談ください。

より詳しくは、赤坂さくら歯科クリニックにてご相談・ご来院をお待ちしております。

赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック
日付:
カテゴリ:インビザライン, 医院コラム