赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック

医師監修ブログ 医院コラム

インビザライン矯正で歯を削る理由は?デメリットや痛みについても解説

インビザライン矯正では、歯列を整えるために歯を削ることが一般的です。

しかし、できれば歯を削りたくない方や、痛みを心配されて矯正を躊躇されている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、歯を削る理由やデメリット、また、歯を削るタイミングや痛みの有無について解説します。

赤坂さくら歯科クリニックでは、インビザラインの初回カウンセリングが無料です。予算や治療範囲、仕上がりのイメージを細かくヒアリングいたします。

歯を削ることへの不安がある方も、お気軽にご相談ください。

インビザライン矯正で歯を削る理由

インビザライン矯正では、「ディスキング(IPR)」と呼ばれる歯を削る処置を行うことがあります。

なぜ歯を削る必要があるのかを、以下で解説していきます。

こちらの動画でもわかりやすくお話していますのでご覧になってください。

ディスキング(IPR)に関するYouTube short

歯に隙間作っちゃっていいの!?矯正治療でよくみるIPRについて解説

詳しく見る

歯をきれいに並べるための移動スペースの確保

ディスキング(IPR)により、歯と歯の間を歯1本につき0.2〜0.5mm削ることで、歯の移動スペースを作り出します。

インビザライン矯正は、透明なマウスピースを使って歯を少しずつ移動し、理想の歯列に仕上げていきます。

しかし、移動スペースがもともとなければ、叢生や出っ歯のような不正咬合をきれいに並べることはできません。

歯を削ることで、歯の移動に必要な分だけスペースを確保できるのです。

また、移動スペースができれば、矯正中に前歯が前方に傾くこと(出っ歯)を防げたり、抜歯を避けることにつながります

歯の大きさや見た目を整える

歯を削ることで、歯の大きさや形、バランスを整えます。

インビザライン矯正では、単に歯の移動だけでは希望した歯並びにならない場合があります。

歯を削り左右の同名歯を調整し、より審美性を高めるのです。

また、インビザライン矯正後、歯茎が下がり、歯と歯の根元付近に逆三角形の隙間ができることがあります。

これを「ブラックトライアングル」と呼ぶのですが、歯を削り、その隙間を矯正治療の動きで埋めることで改善が期待できます。

矯正後の後戻り防止効果

歯を削ることで、インビザライン矯正後の歯並びを固定し、後戻り防止効果につながります。

歯と歯の隣接部をきれいに整えると、点接触から面接触に変化します。

面接触がしっかり揃えば、歯が安定し、後戻りの防止が期待できるのです。

インビザライン矯正で歯を削るデメリット

ここまで、インビザライン矯正で歯を削る理由や目的を紹介してきましたが、デメリットもいくつかあります。

ディスキング(IPR)は一般的な処置ではありますが、デメリットも理解した上でインビザライン矯正をはじめましょう。

歯を削ると元には戻らない

インビザライン矯正で健康な歯を削ると、元に戻すことはできません。

ただし、削ったからといって歯の寿命を縮める危険性は非常に低いため、安心してください。

歯は3層構造になっており、一番外側のエナメル質と呼ばれる部分を削ります。エナメル質は約96%が無機質でできており、細胞や神経は存在していません。

そのため、エナメル質を削っても、痛みを感じることは非常に少ないです。(もともと歯がしみやすい方の中には、よりしみやすくなったと感じる方もいます)。

スペース確保には限りがある

インビザライン矯正で歯を削る量は歯1本につき0.2〜0.5mmと限られています。

薄く削ることで、歯の健康はもちろん、審美性や安全性を維持しています。

それ以上削る必要がある場合は、医師の判断で抜歯を検討する可能性が出てきます。

一時的に歯茎から出血する可能性がある

歯を削るときの歯や歯茎の状態によっては、出血する可能性があります。

しかし、一時的な出血なので大きな心配はいりません

処置が終わった後も出血が長く続いたり不快感を感じるときは歯科医師に相談しましょう。

インビザライン矯正で歯を削るタイミング

インビザライン矯正で歯を削るタイミングは、クリンチェック上で管理されており、複数回に分けられています。矯正の段階を踏んで削るため、1度にすべて削るわけではありません。

クリンチェックとは、どのように歯を矯正・動かしていくかをシミュレーションするソフトで「歯のどの部位を削るのか、量はどれくらいで、タイミングはいつなのか」を細かく算出できます。

クリンチェックだけでなく、歯科医師が立てる治療計画も元に決定されるため、必要以上に削られる心配はありません。

インビザライン矯正で歯を削ると痛い?

インビザライン矯正で歯を削る量は微量のため、痛みはありません

ディスキング(IPR)は虫歯治療で行われる歯を削る処置とはまったく違い、麻酔も使わずにできます。削る際に少しだけ振動が伝わる程度なので安心してください。

また、歯を削ると、削った(ざらざらした)部分(IPR)に汚れがたまり「虫歯になりやすいのでは?」と心配される方もいますが、ディスキング(IPR)後は歯がなめらかになるように処置します。

多くの論文でも、削ることによる虫歯リスクの上昇はないという結果が出ています。
(参考:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21195282/

インビザライン矯正なら赤坂さくら歯科クリニックへ

インビザライン矯正では、歯をきれいに並べるために歯を削ることがあります。痛みや虫歯リスクの心配はないため、安心してください。

歯を削ることで、移動スペースを確保したり、歯の大きさや見た目を整えたり、矯正後の後戻りを防止したりできます

しかし、歯を削ると元には戻らないため、デメリットも理解した上で検討することが大切です。

赤坂さくら歯科クリニックでは、患者様ひとりひとりのニーズに寄り添った、高品質な歯科診療を提供しています。

女性だけのきめ細やかなサービスで、少しでもインビザライン矯正に対する不安を解消できるよう、全面的にサポートします。初回カウンセリングは無料なので、お気軽にご相談ください。

より詳しくは、赤坂さくら歯科クリニックにてご相談・ご来院をお待ちしております。

赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック
日付:
カテゴリ:インビザライン, 医院コラム