赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック

医師監修ブログ 医院コラム

インビザラインライトの症例写真 | 費用や治療の流れ、他のインビザラインとの違いまで解説

インビザラインライトとは、軽度の出っ歯やすきっ歯の改善や前歯などの部分矯正、矯正後の後戻りに対応するインビザライン矯正です。

他の矯正治療よりも治療期間が短く、料金も比較的安いため、治療費を極力抑えたい方に適しています。

本記事では、インビザラインライトの概要や症例写真、治療の流れや費用などをまとめました。

部分矯正を検討しており、インビザラインライトの画像を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

東京で失敗しないインビザラインライトを希望する方には、歯科矯正のエキスパートが在籍する赤坂さくら歯科クリニックがおすすめです。

豊富な知識と経験をもとに、一人ひとりに最適なインビザライン矯正を提案させていただきます。

他院で断られた症例であっても治療可能なこともあるため、部分矯正を検討している方はぜひ気軽にご相談ください。

インビザラインライトの症例写真

まずは、上あごの叢生を改善するためにインビザラインライトを行った症例写真を紹介します。

叢生とは、歯が前後にずれていたり凸凹していたり、重なり合ったりしている状態を指します。

上あごの歯が下あごの歯よりも後ろに位置していましたが、インビザラインライトにより正しい歯並びに改善されました。

次の写真は、上あごの叢生を下から写したものです。

上あごの歯に一部重なりがありましたが、インビザラインライトによりきれいなアーチ型に改善されました。

歯の重なりが解消されると歯磨きもしやすくなるため、虫歯や歯周病の予防にも繋がります。

上記症例の治療期間は5か月間で、費用は396,000円(税込)です。

インビザラインライトによる前歯部分矯正の症例写真

次の写真は、前歯部分にガタつきがある方の症例です。

ガタつきが目立ち少し見栄えも悪い状態でしたが、5ヶ月間のインビザラインライトにより次のように改善されました。

歯がまっすぐに揃い、見栄えもよくなっています。

前歯が改善されると印象が大きく変わるため、ガタつきが気になる方はぜひ気軽にご相談ください。

インビザラインライトによる叢生治療の症例写真

こちらは上あごの叢生をインビザラインライトで矯正した症例写真です。

右側の上あご2番の側切歯が下あご2番よりも後ろにひっこんでいたのが、インビザラインライトによる矯正によりがたつきが解消され、正しい噛み合わせになりました

このように歯並びがきれいなアーチ型になったことで歯磨きがしやすくなりました。

インビザラインライトによるクロスバイト・叢生治療の症例写真

次の写真は、叢生とクロスバイトがある方の症例です。

クロスバイトとは、歯が十文字や斜めに交わっている状態を指します。

治療前は、上あごの前歯の引っ込みと下あごの歯のガタつきが気になる状態でした。

インビザラインライトを5か月間行った結果は、次のとおりです。

上あごのクロスバイトと下あごの叢生が改善され、きれいな歯並びになりました。

上あごの歯を下から写した写真でも、クロスバイトの改善が確認できます。

インビザラインライトでは、歯並びに複数の問題を抱えている場合でも改善可能です。

歯並びが気になり笑顔に自信が持てない方は、ぜひ一度ご相談ください。

インビザラインライトによる後戻り治療の症例写真

次の写真は、矯正後の後戻りで前歯が不揃いになってしまった症例です。

正面から見ると、下あごの前歯が飛び出ていることがよくわかります。

インビザラインライトを7か月間行った結果は、次のとおりです。

不揃いだった前歯がきれいに整いました。正面から見た写真でも、がたつきが改善されていることが確認できます。

インビザラインライトは矯正後の後戻りにも効果的なため、ぜひ気軽にご相談ください。

インビザラインライトとは?インビザラインとの違い

インビザライン矯正とは、交換式の透明なマウスピースを装着して歯を動かす矯正治療です。

ワイヤー矯正よりも目立ちにくい上に、マウスピースは取り外し可能なため、治療中のストレスが比較的少ない傾向にあります。

インビザラインライトは、インビザライン矯正の中でも軽度の症状に対応しているものです。軽度のがたつきや矯正後の後戻りを改善可能で、3〜6か月ほどで治療が完了します。

インビザラインライトと他のインビザライン矯正の違いを、次にまとめました。

治療方法 対応する症例 治療期間 アライナー(マウスピース)の数 歯の移動範囲
インビザラインGO 部分矯正 最大5か月間 最大20枚 上下20本
インビザラインエクスプレス ごく軽度の歯並び 3~4か月ほど 最大7枚 上下16本
インビザラインライト 軽度の歯並び 3~6か月ほど 最大14枚 上下28本
インビザラインモデレート 中度の歯並び 1年ほど 最大26枚 上下28本
<インビザラインコンプリヘンシブ/td>

重度の歯並び 1~3年ほど 最大99枚 上下28本

比較的治療期間が短く費用も抑えられる点が、インビザラインライトのメリットです。

インビザラインライトは、次のような方に適しています。

  • 歯のがたつきが軽度である
  • 部分矯正を希望している
  • 極力早く矯正治療を終えたい
  • 治療費を抑えたい

部分矯正の治療方法にはインビザラインGOもありますが、前歯以外にも問題がある場合、インビザラインGOでは対応できません。

一方、インビザラインライトはすべての歯を動かせるため、前歯以外に問題があっても治療可能です。

しかし、実際の治療期間や費用は症状にもよります。

インビザライン矯正を検討している方は、自身にはどの治療方法が適しているかカウンセリングでしっかりと相談しましょう。

インビザラインライト矯正の特徴について、詳しく解説します。

すきっ歯や出っ歯、前歯のみなどの部分矯正が可能

インビザラインライトは、すきっ歯や出っ歯の改善、前歯のみなどの部分矯正に対応しています。

インビザラインライトではすべての歯を動かせるため、前歯以外に問題があるケースでも対応可能です。

ただし、骨格の問題で重度の出っ歯になっている場合は外科手術が必要なケースが多く、矯正治療では改善が難しいと言われています。

一方、癖により歯に傾斜がついてしまった出っ歯に関しては、インビザラインライトできれいに改善可能です。

軽度の不正咬合や後戻り治療に対応する

インビザラインライトは、歯並びや噛み合わせの問題が軽度の治療や、歯科矯正後の後戻り治療にも対応しています。

後戻りとは、歯科矯正でせっかくきれいに整えた歯並びが元に戻ってしまうことです。歯科矯正後の保定期間をおろそかにすると、後戻りのリスクが高まってしまいます

自身の歯並びがインビザラインライトの適用かどうか気になる方は、カウンセリングで相談してみましょう。

治療期間が短く、費用が抑えられる

インビザラインライトの治療期間は3〜6か月ほどで、他の矯正治療よりも短期間で治療が完了する上に、費用も比較的安く済みます。

参考までに、ワイヤー矯正の治療期間は1〜3年ほど、マウスピース矯正の治療期間は1〜2年ほどです。(いずれも全体矯正の場合)

インビザラインライトの治療費は40〜65万円ほどで、他のインビザライン矯正と比較して安く済みます。

たとえば、全体矯正が可能なインビザラインモデレートの治療費は、70〜90万円ほどと高額です。

極力早く矯正治療を終えたい方や治療費を抑えたい方には、インビザラインライトをおすすめします。

インビザラインライト治療の流れ

インビザラインライトの治療を受ける流れは、次のとおりです。

  1. カウンセリングを受ける
  2. インビザライン適応か確認する
  3. 精密検査や型取りをしマウスピースを作る
  4. 虫歯や歯周病があれば先に治しておく
  5. インビザライン治療開始、2週間に1回通院する
  6. マウスピースに慣れたら1か月に1度、2~3か月に1度の頻度で通院する
  7. 矯正治療が終了したらリテーナーをつける

各ステップについて詳しく解説します。

1.カウンセリングを受ける

まずは、インビザラインライトの治療を受ける歯医者を選び、カウンセリングを受けます。予約が必要なケースも多いため、事前に確認しておきましょう。

カウンセリングでは自身の歯並びに関する悩みを相談し、インビザラインライト治療の説明を受けます。

納得の上で治療に進むことが大切なため、疑問や不安は遠慮なく相談しましょう。

カウンセリングの所要時間は、クリニックにより異なります。

安心してインビザラインライト治療を受けるためにも、カウンセリングに十分な時間を取っているクリニックを選びましょう。

2.インビザライン適応か確認する

カウンセリングで納得できたら、自身の歯並びがインビザラインライトの適応かどうか確認してもらいます。

もし、インビザラインライトの適応外だった場合は、他の矯正治療を提案してもらえるケースが一般的です。

3.精密検査や型採りをしマウスピースを作る

インビザラインライトの適応であれば精密検査や歯の型取りを行い、マウスピースを作成します。

精密検査を行う理由は、パノラマレントゲンやCT撮影により、インビザラインの適応かどうか再度診断する必要があるからです。

インビザラインライト治療を行う際は、「クリンチェック」というシミュレーションで治療計画を立てます。クリンチェックでは歯の動きを3Dで確認できるため、歯並びをきちんと美しく整えることが可能です。

インビザラインライトの治療計画を立てたら、マウスピースが完成するまで2週間ほど待ちましょう。

4.虫歯や歯周病がある場合は先に治しておく

現在虫歯や歯周病がある場合は、インビザラインライト治療を受ける前に治す必要があります。

インビザラインライト治療中に虫歯治療を行うと、詰め物や被せ物により歯の形が変わる恐れがあるからです。歯の形が変わってしまい、インビザラインライトのマウスピースが合わなくなってしまうと、歯の型取りを再度行わなくてはいけません。

治療費が余計にかかってしまう上に治療期間も長引くため、インビザラインライト治療前に虫歯や歯周病を治す必要があります。

5.インビザライン治療開始、2週間に1回通院する

マウスピースが完成したら、インビザラインライト治療を開始します。

最初の数か月は、2週間に1回のペースで通院しましょう。

クリニックでは、歯が治療計画どおりにきちんと動いているかの確認と「アタッチメント」の確認を行います。

アタッチメントとは歯につける小さくて透明な突起物で、歯をしっかりと移動させるために必要なものです。

自身でアタッチメントを外すことはできず、インビザラインライト治療が終了するまでつけたままになります。

アタッチメントは、マウスピースのフィット感を高める上でも必要なものです。

万が一アタッチメントが壊れたり外れたりしたときはつけ直しが必要なため、クリニックで定期的にアタッチメントの状態を確認します。

マウスピースの装着で痛みが出たときの対処法はこちらを参考にしてください。

マウスピース矯正は痛いの?原因・対処法・痛みを軽減する方法を医師が解説!

マウスピース矯正で痛みが生じてしまう原因と対処法をお話しし、記事後半には痛みを軽減させる方法を医師が解説します。

詳しく見る

6.マウスピースに慣れたら1ヶ月に1度、2〜3ヶ月に1度の頻度で通院する

マウスピースに慣れてきたら、1か月に1回、2〜3か月に1回の頻度で通院します。

実際の通院頻度はクリニックで指示されるため、必ず守りましょう。

7.矯正治療が終了したらリテーナーをつける

インビザラインライト治療が終了したら、歯の後戻りを防ぐために「リテーナー」という保定装置を装着します。

マウスピース型のリテーナーも選べるため、インビザラインライト治療時と同様の感覚で装着可能です。

リテーナーの装着期間は、歯の状態や矯正治療を行った期間により異なります。医師に指示された装着期間と装着時間を、必ず守りましょう。

マウスピースの装着で痛みが出たときの対処法はこちらを参考にしてください。

マウスピース矯正は痛いの?原因・対処法・痛みを軽減する方法を医師が解説!

マウスピース矯正で痛みが生じてしまう原因と対処法をお話しし、記事後半には痛みを軽減させる方法を医師が解説します。

詳しく見る

インビザラインライトの費用(料金)

インビザラインライトの費用目安は、40〜65万円ほどです。

軽度の症状や部分矯正に適用される治療方法ゆえ、他のインビザライン矯正よりも費用を抑えられます。

ただし、歯の状態によっては、インビザラインライト治療では対応できません。

カウンセリングや精密検査を受け、最適な治療方法を提案してもらいましょう。

参考までに、赤坂さくら歯科クリニックのインビザライン矯正費用を紹介します。

治療方法 料金(税込)
インビザラインエクスプレス 両顎:220,000円~
片顎:165,000円~
インビザラインライト 396,000円~
インビザラインモデレート 770,000円~
インビザラインコンプリヘンシブ 990,000円~

上記に加え、検査料金が55,000円(税込)かかります。

失敗しない部分矯正をするなら赤坂さくら歯科クリニックへ

失敗しない部分矯正を希望する方には、赤坂さくら歯科クリニックがおすすめです。

当院では、部分矯正にはインビザラインライトが最適だと考えています。

インビザライン矯正の中では比較的安価で、治療期間も短いからです。

しかし、歯の状態によって最適な治療方法は異なるため、カウンセリングの上で最適なインビザライン矯正を提案させていただきます。

赤坂さくら歯科クリニックのインビザライン矯正の特徴は、次のとおりです。

  • 他院で断られた症例でも矯正治療が行える可能性がある
  • 精密な治療計画を提示できる
  • 知識と経験が豊富な医師が在籍する
  • デンタルローンが利用できる

赤坂さくら歯科クリニックでは、安心して矯正治療を受けていただくために、治療方法や治療期間や費用を事前にお伝えしています。

また、初回カウンセリングは無料のため、部分矯正を希望する方は気軽にご相談ください。

赤坂さくら歯科クリニックのインビザライン矯正の特徴について、詳しく解説します。

他院で断られた症例でも矯正治療が行える

赤坂さくら歯科クリニックでは、他院で断られた症例であっても矯正治療が可能です。

院長は審美歯科のエキスパートで、矯正歯科の医師とタッグを組み精密な診断と治療計画を立てるからです。

矯正歯科とセラミックの混合治療も可能なため、他院でインビザライン矯正を断られた方も、ぜひ一度ご相談ください。

赤坂さくら歯科クリニックでは、極力歯を削らない・抜かない方法を提案しています。

自身の歯を残したまま矯正治療を行いたい方にこそ、赤坂さくら歯科クリニックはおすすめです。

精密な治療計画を提示できる

最新の3Dスキャナー「iTero」を導入しており、精密な治療計画を提示できる点も、赤坂さくら歯科クリニックの強みです。

粘土のようなものを口の中に入れていた従来の型取りとは異なり、iTeroでは素早く楽に型取りを行えます

歯型もより正確に採取できるようになったため、より精度の高いインビザライン矯正を希望する方におすすめです。

知識と経験が豊富な医師が在籍する

赤坂さくら歯科クリニックに在籍する医師は知識と経験が豊富で、安心してインビザライン矯正治療を受けていただけます。

インビザライン矯正は最先端の治療方法ゆえ、医師の技術力と経験値が重要です。

歯科衛生のエキスパートが在籍する赤坂さくら歯科クリニックであれば、入念にカウンセリングを行った上で、一人ひとりに最適なインビザライン矯正を提案できます。

インビザライン矯正を検討しているものの失敗しないか不安な方も、ぜひ一度ご相談ください。

デンタルローンが利用できる

インビザライン矯正の中には費用が高額になるものもあるため、赤坂さくら歯科クリニックではデンタルローンによる分割払いをご用意しています。

デンタルローンは3万円から申請可能で、分割回数は最大120回、実質年率は2.9〜4.8%です。

デンタルローンの申請はタブレットから簡単に行え、当日中に審査結果がわかるため、お急ぎの方もぜひご活用ください。

まとめ

インビザラインライトとは、インビザライン矯正の中でも軽度の症状に対応する治療方法です。

すきっ歯や出っ歯の改善、前歯のみなどの部分矯正や、矯正後の後戻りの改善に対応しています。インビザラインライトの良い点は、他の矯正治療よりも治療期間が短く、費用も比較的安いことです。

極力早く矯正治療を終えたい方で、治療費も安く抑えたい方は、ぜひインビザラインライトを検討してみてください。

東京でインビザラインライト治療を検討している方には、知識と経験が豊富な医師が在籍する赤坂さくら歯科クリニックがおすすめです。

審美歯科と矯正歯科の医師でタッグを組み、一人ひとりに最適なインビザライン矯正を提案させていただきます。

クリニックは東京メトロ千代田線「赤坂駅」より徒歩30秒で、通いやすさを重視する方でも安心です。

他院で断られた症例であっても矯正治療を行えるため、部分矯正を検討している方はぜひ気軽にご相談ください。

より詳しくは、赤坂さくら歯科クリニックにてご相談・ご来院をお待ちしております。

赤坂の歯医者 赤坂さくら歯科クリニック
日付:
カテゴリ:インビザライン, 医院コラム